読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカの評判~!ヘンリー・スコット・ストークス

教育をなぜ守らなければならないのか。 むしろ、GHQによって戦後、「日本の国体」意識を骨抜きにされたことによって、こんにちの日本人が、「糸が切れた凧」のようになり、「自己主張」すら見失うこんにちが、心から悲しいと思うのである・・・。 私は!比較的昔からこの話題の「真実」を理解していた者だが!やっぱりストークス氏も!あの本の人も!そのまたあの人も!気が付けば多くの人が!「東京裁判」はでたらめだったと指摘している事がわかる・・・。

イマが買い時♪

2017年03月17日 ランキング上位商品↑

アメリカ ヘンリー・スコット・ストークス戦争犯罪国はアメリカだった! [ ヘンリー・スコット・ストークス ]

詳しくはこちら b y 楽 天

アメリカ占領軍によって作られた憲法をなぜ守らなければならないのか。歴史的事実を知ることが!今まで以上に不透明なこれからの時代を生き抜く為のはじめの一歩になると思います。思えば!敗戦国なら仕方ないと言われ放題に耐えてきた。と、この本を読んで思いました。そう!それを日本国民に伝えてきたのは紛れもない日本の「天皇陛下」であった・・・。 この本を読んでいて思うのは、現代でさえ問題の渦中にある国際的問題(人種差別や宗教偏差視観)を、当時の日本の先人たちは、既に、本当に「高度な先進的思想」と、「気高さ」をもって、その大義のために行動していた実績に、心から感動と「誇り」の想いが沸き起こる事である・・・。感情むき出しで謝罪要求の無様は絶対に避けたいと思いながらも、多様な方面から日本を見つめ直す作業は大事だ。その他、すべて駐留軍によって作られ押し付けられたことを日本人の手に取り戻さないのか、取り戻そうとしないのか。この本を読みましょう。そのスタンスは崩したくはないが、歴史の視点に目から鱗。占領軍によって洗脳されたわたくしたち世代はつくずくアメリカの占領政策に毒されたか。読んで目覚めましょう。本文の、いたるところに散りばめられている「太平洋戦争にあらず、大東亜戦争である!!」の言葉に、終始、いろいろな意味で、感謝と感動と誇りを感じさせてくれる本である。。この本が英国人ジャーナリストの作であることに、読者は冷静でいられる。この本を著してくれた英国人ジャーナリストに心から感謝します。日本人が日本人による自国を作らないでどうするのでしょうか。共産党までが平和憲法維持と言っているのが分かりません。 早く日本は!子供たちへの「教育」からそれを取り戻さないと!本当の真実の歴史を!誰もが忘れていってしまう危機感を感じるものである・・・。日本人として必ず知っておくべき内容だと思います。オバマ氏広島訪問で!謝罪を求めなかった被爆者に美学を感じた。考える必要があります。